読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールドロイヤル 30年 90年代流通 オールドボトル

こんばんは。

今回は、オールドロイヤル 30年 90年代流通です。

f:id:amber_garden:20170518160405j:image

バーンスチュワート社系列のバーンマッケンジー社がボトリングしています。

 

同社のボトルとしては、

・バーンマッケンジー

・オールドロイヤル

等が筆頭に挙げられます。

 

f:id:amber_garden:20170518180300j:image

 

国内流通では、よく見られる山信商事扱いです。 700ml 40%なので、90年代中盤くらいの流通でしょうか。

 

70年代あたりのボトリングでは、バーンマッケンジー系の原酒調達先はベル社とされているようですが、90年代に入って、

 

:ディーンストン(91年取得)

:トバモリー/レダイグ(93年?取得)

 

とマイナーどころを従えてきています。

ウイスキーマガジンの記事では、

新しいマネージャーがトバモリーの原酒を確認したら、あまりの出来に酷くがっかりした、というような記述もあります。それはウェアハウスの中の物も含めて!だそうです。

 

 

また、特級時代から流通しているブレンデッドにしては、色々な所で散見できるラインナップに30年は確認出来ません。

 

よって、蒸留所を獲得した後、

資金確保・原酒調整の意味合いもあって、30年を90年代にリリースしたように思います。

 

となると、キーモルトは、上記のディーンストンとトバモリーになりそうです。

ベル系のインチガワー、ダフタウン、ブレアアソールなども少なからず入っているとは思いますが、大きな割合は期待出来ません。

 

f:id:amber_garden:20170519082547j:image

封シールにはハイエンド感を表しております。

f:id:amber_garden:20170519082628j:image

マイナーな蒸留所ですら、60年代モルトを買おうとすると結構な金額になってきます。

(最近はグレーンの値付けもえげつない)

 

ニュアンスを感じたい方は、是非試してみて下さい。

 

それじゃあ失礼します。