キングジョージ Ⅳ ティンキャップ時代 60年代〜70年代流通

こんばんは。今回はキングジョージ4世 ティンキャップ時代です。

以前70年代前半流通のクリアボトルを記事にしました。

キングジョージ4世 king george Ⅳ 70年代初期流通 JAPANTAX - ウイスキーの庭

 

今回はそれ以前のダークアンバーボトルになります。

時代的にはティンキャップと同列だと思いますが、出荷先の違いでスクリューか、

もしくはティンキャップからの移行期でのスクリューかと思われます。

f:id:amber_garden:20170703125432j:image

 

 なので、流通的には、1960年代中盤~1970年代前半くらいかと思われるのですが、、

 

f:id:amber_garden:20170703125447j:image

 裏面に輸入会社のシールが無いので、断定は難しいですね。

JAPANTAXシールも無いことから、海外在庫が時を経て、日本へ渡ってきているという感じです。

  

f:id:amber_garden:20170703125530j:image

ティンキャップはレア度が分かりやすくて人気なのですが、金属臭が出やすいというリスクもあります。

ハイランドネクターを避けて、こちらの60年代キングジョージでも幸せになれるかもしれません。

 

ちなみに色が付いてるボトルの方が、クリアボトルよりは紫外線が通りづらいので、"劣化が緩やか説"ありますが実際にはどうなのでしょう。

 

クリアボトルと飲み比べてみるのも面白いかもしれません。

 

それじゃあ失礼します。