ウイスキーの庭

主にオールドボトルの紹介をするウイスキーブログです。基本的にテイスティング記事はありませんが、ほぼ毎日ウイスキーを飲んではいます。

ハイランドネクター 12年 80年代流通 オールドボトル

こんばんは。今回はハイランドネクター 12年 80年代流通です。

 

言わずと知れた有名ブレンデッドですが、まずは写真をどうぞ。

 

f:id:amber_garden:20171004142935j:image

 

 プレジデントによく似たボトルに入っていますね。

以前、70年代流通のボトルを記事にしました。

ハイランドネクター 70年代 760ml 43% ニッカ扱い - ウイスキーの庭

 

80年代に入り、12年熟成表記が出てきます。

これはこのブランドに限らず、ほとんどのスコッチが似たような傾向です。

昔は、年数表記しなくても、ブレンダーの腕でバランスの取れた奥行きのあるボトリングができていたはずなんですね。

 

ただ、80年代のウイスキー不況などで各団体が色々頑張った結果、

高級感を打ち出した戦略が功を奏したのか売れたもんだから、みんな年数表記に寄ってったんでしょうねぇ。。(まったくの想像で話しています)

 

最低年数表記が義務づけられてるので、アクセントとして、若い原酒を使おうもんならその年数表記で売り出さなくちゃいけなくなるので、売れなくなっちゃいますよね。

(5年表記の2万円のブレンデッドって、売れる絶対数が下がりますよね)

 

 

そうすると12年以上の熟成原酒でヴァッティングしなくちゃいけないので、表現の幅が狭まるんですよ。

※私自身はまったくブレンダー経験は無いので無責任な発言をしています!すいません!

サンディヒスロップはマジですごいよ!天才なんだもん!

 

とまぁ、話はそれたので裏の写真を。 

f:id:amber_garden:20171004143004j:image

輸入元シールは確認できませんでした。

海外流通品でした。 

このころの正規輸入代理店もニッカさんでしょうか。

 

また、キーモルトはローズバンクやタリスカーのようです。

 

f:id:amber_garden:20171004143037j:image

 替え栓もついていますね。

それもそのはず、キングジョージ4世のハイグレード版ですから。

デキャンタのようでかっこいいですよね。

 相変わらずこのボトルを見るとオーバン12年を思い出します。

 

いずれ記事にしたいですね。

 

 

楽天では、70年代流通のボトルが売ってました。

ずいぶん安いなぁと思っていたら、フィルム剝れのため激安なようです。

(リンク貼っておいてなんですが、私なら怖くて買わないです)


 

 

今回の80年代のボトルであれば割と流通しています。

出会った方は是非、ブラックペッパーをミルしたハイボールで飲んでみましょう。

 

それじゃあ失礼します。