読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングスランサム 12年 陶器 1977年流通

オールドボトル スコッチ スコッチ-ブレンデッド 流通 流通-1970年代 特級 特級-従価 銘柄 銘柄-キングスランサム 陶器

こんばんは。

今回はブレンデッドです。

キングスランサム 陶器瓶 1977年流通のボトルです。何故分かるかは、後で。

 

12年熟成なので、1965年以前の原酒ですね。

 

f:id:amber_garden:20170215131840j:image

 ウィリアムホワイトリーがつくりあげた最高傑作との事ですが。。

それはマリッジ過程に秘密があるようです。

 

①ホワイトリーが原酒を手に入れる。

②すごい頑張って混ぜ合わせる。

⇨ここで、ハウスオブローズをリリース!!

③混ぜ合わせた中でも最高だったブレンド比の原酒をマリッジ樽に詰める。

 

※ここの情報は一切調べてないのですが、小さい樽に小分けするのも味のブレに繋がりそうなので、リフィルのバットとかでマリッジしたんでしょうなぁ、、

4〜5回使って再構成したバットとか、、

 

④詰めた樽を船の底に積む。バラストとして。

 

⑤地球を一周する。

 

⑥帰ってきた原酒をボトリングする。

 

⑦美味い。

 

といった感じだったのではないでしょうか。ざっくり書いてますので、ご容赦下さい。

 

こなれて美味しいウイスキーになってそうですよね。

王の身代金と呼ばれるのも分かりそうです。

f:id:amber_garden:20170216124044j:image

 

「round the world」の文字が見えます。

f:id:amber_garden:20170216124440j:image

瓶底には税関のスタンプが。

これで流通年が分かりました。

あくまでも税関を通った年なので、ボトリング自体はもっと前の可能性もありますね。

 

レモンハートとかで特集された事で伝説の、とか幻の、とか書いてたりしますが、 割と弾数は多いです。

 

ポツダム会議にいると思って、是非飲んでみて下さい。