スプリングバンク 12年 80年代 陶器 特級従価時代

こんばんは。今回は、80年代流通のスプリングバンク 12年 陶器です。  

f:id:amber_garden:20170531012521j:image

 

渋い黒陶器です。

以前、茶陶器のノンエイジ瓶を記事にしましたが、同時期のボトリングだと思われます。

 

amber-garden.hatenablog.com

 

 

ざっくり80年代中盤流通だとすると、蒸留は1970年代前半ということになります。

 

f:id:amber_garden:20170531012534j:image

裏面には輸入シールが確認出来ませんでした。海外流通品は特に年代特定が困難になります。 

(明らかに写真を撮っている筆者が映り込んでいます。恥ずかしい)

 f:id:amber_garden:20170531012550j:image

非常に無駄と思いますが、パラフィルムを巻いてあります。

 

f:id:amber_garden:20170531012604j:image

最後に正面をどうぞ。

この陶器は70年代前半原酒なのに、そこまで値段が上がっていません。

何故かと言うと、陶器瓶は変に揮発が多かったり、アルコール感が弱まったりとボトルコンディションが読みづらいからです。

 

なので、安く最高のコンディションボトルを手に入れる事が出来たら幸せですね。

 

今回のボトルは液量こそ、たっぷり入っているのは感じますが、味のコンディションまでは分かりません。

 

まぁ、出会った方はそれらも含めて味わってみて下さい。

 

それじゃあ失礼します。