ウイスキーの庭

主にオールドボトルの紹介をするウイスキーブログです。基本的にテイスティング記事はありませんが、ほぼ毎日ウイスキーを飲んではいます。

【70年代蒸留】スプリングバンク 8年 特級 従価直後 750ml 43% 木下商事扱い

こんばんは。

今回は、80年代中盤〜後半流通のスプリングバンク 8年 特級ラベルです。

f:id:amber_garden:20180814123353j:image

以前記事にした、オーバルボトルの後継です、かね。

はっきりと後継だ!と書けないところが悲しいですが、特級時代の8年は流通時期と流通地域で多少のラベル差があるようで、難しいですね。

 

とはいえ、通説ではありますが、ラベルによる流通年代を記します。

まだ買うことの出来る範囲から、

70年代後半〜80年代前半:オーバル前期

80年代前半〜80年代中盤:オーバル後期

80年代中盤〜80年代後半:今回の記事のダンピー白ラベル

80年代後半〜90年代前半:ダンピー黄ラベル

くらいになるのかなと、思います。

上記はあくまで推定で流通地域によってもだいぶ変わってくるかと思われます。

 

f:id:amber_garden:20180814123348j:image

裏面にはビッグS。

もちろん木下商事です。なんやかんや説明も書いてあり、ざっくり要約すると、

「スコッチウイスキー発祥の地、キャンベルタウンで作ってるうちのモルトはノンチルだから最高だよ!へんなカスが浮いてても気にしないでね!スランジーバ!」となります。

※ざっくり要約です。

よく見ると、最下部に従価税率適用の表記もあるのですが、インクか何かでマスクされています。

 

f:id:amber_garden:20180814125412j:image
割と凝った造りのボトルトップ。

 

f:id:amber_garden:20180814125507j:image

ピュアモルト表記ですね。

 

まぁまだまだ買えるボトルではあります。が、人気蒸留所の良いボトルはすでに高騰しています。フェイクも怖くなってくるのでバンバン買っとくなら今かも知れません。

 

それじゃあ失礼します。

 

ディンプル ティンキャップ 50〜60年代流通

こんばんは。

今回は、ティンキャップのディンプル 60年代流通です。

 

f:id:amber_garden:20180713131826j:image

そうです。ディンプルです。

ピンチではなく、ディンプルということは欧州回りのボトルですね。

1980年代以前の同ブランドには、ピンチとディンプルで販路が違うようです。

 

・ピンチ ➡︎アメリカ回り

・ディンプル ➡︎ヨーロッパ回り

 

の様になってるようです。ざっくり言うと。

気持ちの上で、現地仕様のボトルを飲みたい場合はディンプルを狙って下さい。

 

ただティンキャップは2018年現在で、安値でも30000円前後は付けるので、ご注意。

 

f:id:amber_garden:20180713131849j:image

すらりと見えますね。


f:id:amber_garden:20180713131853j:image


f:id:amber_garden:20180713131845j:image

人気が上がり過ぎて、実用からはかけ離れているティンキャップ。

ピンチ・ディンプルで言えば、ショートスクリューキャップは同時期の流通ボトルとしては穴場です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【S12】ディンプル(ヘイグ)ティンキャップ1960年代流通品
価格:41040円(税込、送料無料) (2018/8/13時点)


 

 

ネットで買おうとすると4万円してました。馬鹿高いです。

 

よくよく考慮して購入して下さい。

コレクションとしては買ってもいいと思いますけど。

見た目もノスタルジーでいいですよ。

 

それじゃあ失礼します。

 

マッカラン グランレゼルバ 12年 2008年リリース 700ml 45.6%

こんばんは。

今回は、あまりオールドとは言えない、マッカラン グランレゼルバ 12年です。

 

f:id:amber_garden:20180712123044j:image

グランレゼルヴァ といえば、18年の方が有名ですね。

また小手先で出してきたなーっと思ってたのが、もう約10年前ですよ!

2007年から2009年までの限定リリースでした。各年12000本でしたでしょうか。

初年は割と売れ行き遅かったですが、翌年はスルスルと無くなっていました。

 

グランレゼルヴァシリーズは特別なシェリカスクを使用し、色濃くなっています。

 

グランレゼルバ 18年【32~39ティント】

グランレゼルバ 12年 【37ティント】

通常 12年(シェリー) 【20ティント】

 

ティントってなんだよ!って思ったら、マッカラン蒸留所が使う濃さの単位だそうです。シェリー界隈では一般的なのか?

ボブダルガーノが選んだ、ファーストフィルのシェリカスクは美味しいのか?

出会った方は試してみましょう。

(ボブダルガーノと言えば、何故かエクセプショナルカスクが頭に浮かんできます。)


f:id:amber_garden:20180712123037j:image

裏面の写真。

扱いはサントリー株式会社です。

07と08はサントリー株式会社、

09はサントリー酒販とされています。

 

表ラベルは変わってないと思うので、違いはそれくらいですかね。

07と08の見分け方ですが、販路によっては2007年リリースボトルは「2007年」みたいなシールが貼ってあるらしいので、そちらで判断出来そうです。

シール無かったら分からないよ!


f:id:amber_garden:20180712123041j:image

もはや慣れきってしまった三角シール。悲しいですね。

 

約10年前でも旧18年ほどは高騰はしていないようです。

しかし高いね。

1万円前後でしたよね、確か。

 

 

 

テイスティングノートを見ると、かつてのマッカランを垣間見せてくれるようです。

 

出会った方は飲み干しましょう。

 

 

【1950年代流通】トーマスクレイ 前期JAPANTAXシール 4/5quart 86.8proof

こんばんは。

今回は、国税庁の公式サイトにも載っている 1950年代流通のトーマスクレイ エクストラ スペシャリザーブです。

 

f:id:amber_garden:20180608015704j:image

Thomas clay EXTRA special reserve

 

あまり大風呂敷を広げて文句が来ても怖いので、以下に国税庁のページを紹介します。

 

4. 戦後の酒と酒税|租税史料特別展示|税務大学校|国税庁

 

この中で、戦後の酒と酒税について記述されており、輸入酒用の課税証紙を説明しています。

 

 

 

今までもいくつか紹介していますが、1974年以前に輸入/通関した輸入酒は、

JAPANTAXシールと呼ばれる証紙が瓶のキャップに貼られています。

⬇︎⬇︎参考写真⬇︎⬇︎

f:id:amber_garden:20180703081216j:image

(ジョニ黒 JAPANTAXシール付)

 

 上記のジョニ黒には後期JAPANTAXシールが貼られていますね。

 

今回のトーマスクレイは前期JAPANTAXシールなのです。

その前に裏面の写真。
f:id:amber_garden:20180608015652j:image

 輸入元シール等はなく、シンプルなトーマスクレイ.LTDのシールのみです。

 

そして、キャップ部分の写真をどうぞ。


f:id:amber_garden:20180608015659j:image

前期JAPANTAXシールです。

上述した国税庁のサイトにあるものと同様です。 

 

あまり見ることはないと思いますので見つけたらチェックして下さい。


f:id:amber_garden:20180608015647j:image

 アップです。

古めかしいデザインですね。旧紙幣のような雰囲気です。

 

さすがに楽天でもトーマスクレイはありませんでした。

ですが、1950年代で洋酒を検索すると出るわ出るわと思いきや、

実際の1950年代流通は数件でした。

 

【楽天市場】1950年代(洋酒|ビール・洋酒)の通販

 

やはり市場にもほとんど出ませんね。

ティンキャップじゃないものはコルク栓以外にもショートスクリューキャップは多い印象です。

 

みなさんも探して飲んでみましょう。

 

 

 

 

ワイルドターキー 12年 飛翔ラベル 90年代流通 ヒューブライン扱い

こんばんは。今回は、飛翔ターキーと呼ばれる、

ワイルドターキー 12年 ビヨンドデュプリケーションです。

 

f:id:amber_garden:20180528121932j:image

 wildturkey 12years old BEYOND DUPLICATION

通称・フライングターキーモデルですね。

なぜかゴールドラベルよりも人気という不思議なバーボンです。

流れとしては、

80年代 ⇒ ゴールドターキー

90年代 ⇒ フライングターキー

00年代 ⇒ そっぽターキー

だったと思います。ざっくり、と言ってですが。(※8年は除く)

 


f:id:amber_garden:20180528121943j:image

ターキーの黄金時代がまさにゴールドターキー時代とこの飛翔ラベル時代だと

一般には言われています。

現行ターキーはツンツンしててちょっと飲む機会を避けています。

私自身はブラントンのオールドをへらへら飲むのが楽しいので、ほとんどゴールドもフライングも飲んでいません。(最近はブラントンも目を付けられ高騰の一途。。。)


f:id:amber_garden:20180528121947j:image

どの写真を見ても、良い色をしてますね。バーボンは12年以上超えると難しさがありますが。


f:id:amber_garden:20180528121937j:image

ビヨンドデュプリケーション。

複製を超えたもの。

直訳すると変な感じですが、意訳すると、

 

「周りで売られてる似たようなバーボンなんかを遥かに超えた高みにいるんだぜ、俺は。お前らなんかとは違うんだ。ぶっとばすぞ、おら。」

 

といったところでしょうか。


f:id:amber_garden:20180528121940j:image

90年代でお馴染み、ヒューブライン輸入の三菱商事販売ですね。

 

安心できます。

 

楽天でも、ゴールドターキーより大幅に高くなっています。

デザイン性で高騰するのか??


 

今だと特にゴールドターキーが値ごろなので試してみたい方はどうぞ。

 

それじゃあ失礼します。

 

 

 

 

 

【50年代ラガヴーリン/タリスカー】ダンベーガンキャッスル 25年 750ml 43% 海外流通品

こんばんは。

今回は50年代ラガヴーリンを使用していると思われる、ハイエンドブレンデッド。

ダンベーガンキャッスル 25年です。

 

f:id:amber_garden:20180509122510j:image

オールドボトルを愛する皆さまは、まずはボトル形状に引っかかると思います。

 

そうです。ローガンですね。

レストレスピーターの所のブレンデッドです。ホワイトホースの最上位品と言った方が分かりやすいでしょうか。

 

キャップ形状も込みで考えるとレアード オ ローガンから変わるか変わらないかくらいの70年代中盤くらいのボトルです。

 

さて、70年代中盤に、なぜこのようなボトルがボトリングされたのでしょうか。そして、中身は何が入っているんでしょうか。

まずは裏面の写真。

f:id:amber_garden:20180523082736j:image

裏面には輸入経路で貼られたバーコードがあります。輸入経路で貼られた、というのがポイントでボトリング年代とは必ずしも一致しません。

※完全なバーコードの導入がされている時代のボトルは、裏面のラベルに組み込まれており、今回のように後貼りのようなバーコードでは、一概に80年代のボトリングとは断言出来ません。

 

既にボトリングされていたものが、流通経路の途中で、管理の為にバーコードを貼られた、と考えられます。

 

f:id:amber_garden:20180523181947j:image

 

さて。では中身、あるいはブレンド構成はホワイトホースと同様と考えていいのか? 

単純に「ホワイトホース 25年」とはならないですね。あったら興味ありますが。

 

f:id:amber_garden:20180524124132j:image

正面のラベルを見てみましょう。

製造会社が、「イアンマクロード 」となっています。

ボトラーズとしては割とよく聞く名前です。ボトル名にもある、ダンベーガン名義で色々ボトリングしていますね。

 

この会社は昔から色々な蒸留所にコネがあるようで、覆面系のモルトをちょこちょこ出しています。

(グレンスコマのラガヴーリン、マクローズのタリスカー、アズウィゲットイットのラガヴーリンなどです)

 

、、As We Get Itの初期ロットにはマッカランのパターンもあったらしいですね。見てみたいな。

 

ともあれ、ボトラーズの中では割と忖度してもらえるイアンマクロード。

ラガヴーリンの系統である、ホワイトホースのボトリング施設を利用し、自社の比率でブレンデッドを詰める事も不可能とは言えませんね。

 

なので、ざっくりとした想定としては、

50年代のラガヴーリン、グレンエルギン、クライゲラキが使われているのでしょう。

ダンベーガンorダンビーガン城というブランド名を踏まえて、50年代のタリスカーが使われている可能性も高いです。

(※ダンベーガン城はスカイ島にあったんじゃなかったかな??)

 

 

 ローガンの70年代流通ボトルを紹介します。

この前のボトルがキャップごつごつボトルです。

 今回のダンベーガンキャッスル25年と同様のフォルムです。

(キャップの印字は無いですが)


 

 

色々羅列すると、大変魅力的なブレンデッド。日本に入ってきてないんでしょうね。

もし飲まれた場合は、是非インスタにあげて下さいね。

 

 

 

それじゃあ失礼します。

 

 

 

【1950年代流通】ジョニーウォーカー 赤 コルク栓 紋章ラベル

こんばんは。今回は、飲まれ過ぎて逆に貴重になっている、40年代〜50年代に流通したジョニ赤です。紋章ラベルですね。

ジョニーウォーカーと言えば、黒のイメージが強いですね。 赤はと言えば、普及品、安物というレッテルを貼られてしまっています。

このラベルは通称リスラベルなので40年代くらいのカーデュがベースとされています。 流石にこの時代のボトルは飲んだ事がないので味の傾向は明言出来ませんが、 70年代中盤から後半くらいの赤を飲んでみて下さい。

今の1000円ウィスキーと同列かと思っていたら、大間違いです。

当時は税金の違いで物凄い高かったはずですが。

70年代の黒は割とチューイーといったらあれですが、体力を使う気がするので、 くいっと飲みたい時は、70年代ジョニ赤ハイボールが最高ですよ。

楽天でも50年代流通のものはありません。 当たり前です。数自体がほぼ無いと思われますので。


14800円ですか。うーん、元値と比べると高いのですが、数年前からあまり高騰していないのを考慮すると 集めておいていいかもしれません。

それじゃあ失礼します。