読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I.W.ハーパー ゴールドメダル 760ml 43% 1970年代 サントリー扱い (I.W.HARPER GOLDMEDAL)

 

こんばんは。

今回はバーボンです。

まずは写真をどうぞ。

 

f:id:amber_garden:20161012103650j:plain

 

I.W.ハーパー 特級 従価 70年代流通ですね。

みんな大好きですが、ジャックやターキーに押され、なんとも言えない位置にいます。

ブランドを立ち上げたのが、アイザック.ウォルフ.バーンハイムとフランク.ハーパーなので、頭文字を取って

「I.W.ハーパー」のようです。

「I.W.H」でもかっこいいと思いますけどね。

f:id:amber_garden:20161013101723j:image

ゴールドメダルです。

こうしてちゃんと見ると、ゴールドメダルの前面ラベルは現行品とオールドボトルでそんなに変わってないなぁと思います。

 

これより以前のラベルだと、5つあるメダルの真ん中のメダルが大きくなっていて、松の樹のようになっているラベルで独特です。和柄のように見え、オシャレにも感じます。

 

裏面はと言うと、

 

f:id:amber_garden:20161013102311j:image

 

ステッキのおじ様が、腰痛の様な角度でシルエットにされています。

ジョニーウォーカーにおける、「ストライディングマン」のような立ち位置です。

 

話に聞くと、このブランドの販売促進・営業をむちゃくちゃ頑張った、

トーマス.ハーパーという人物だそうです。

 (フランク.ハーパーとなんか関係あるのかな)

 

その彼の口ぐせである、

「its always a pleasure」が書かれてもいますね。

 

ざっくり翻訳すると、

「いやー、光栄でございます。これからもどうぞご贔屓に」

 

的な意味でいいと思います。

 

トーマスおじさんの上には「BOTTLED IN BOND FOR EXPORT」の文字が。

B.I.B もしくは ボンデッド の事です。

これはというと、はるか昔にバーボンに混ぜ物をして、まっずいまっずい粗悪品が

売られていたことから、ちゃんと本物を認定しましょうよ、という事で、

この表記が始まったとされています。

「ボトル詰めするときに課税してるから、これはちゃんと本物だよ。美味しいよ」

という証なのです。

 

細かいルールとして、何年以上熟成していないといけない等色々あったはずですが、

その中に、50.5%以上じゃないといけない、ってルールがあったはずなんです。

86proofなんで43%のようですが。。どうなっているのか。。。

 

恐らく「FOR EXPORT」に何らかの緩和があったんじゃないでしょうか。

輸出用は度数下げてもいいよ、的な。

 

まぁ、さておき、輸入元シールを見ると、

サントリーさんが扱っていた時期のボトルだと分かります。

相変わらず良いですね。特級、従価、760ml。

70年代流通だという事が分かります。

また、住所が堂島浜”通”なので1978以前ですね。(1978だったかな??)

 

といいますか、それよりも、、

f:id:amber_garden:20161013105936j:plain

 

f:id:amber_garden:20161013110035j:plain

 

ようやくちゃんとした写真が載せられます。

JAPANTAX または 通関シール です。

「LIQUOR TAX CERTIFICATE」と「通関済」の文字がまぶしいですね。

 

これがあるとある程度流通年代が特定できるようです。

1953年から1974年に関税を通ったウイスキーにはほぼ全てにこのシールが貼られているようです。(剥がれていたりする事もあります。まれに)

 

ちなみにバーボンに関しては年代特定が容易で、瓶の裏を見ればボトリング年が分かります。数字が2桁エンボス加工されているはずなので、確認してみてください。

英語だったり、へんな数字もあったりしますが、”年代っぽい数字”が確認出来たら

それがボトリング年だ!!!!

(ちなみにこのボトルには「72」の文字が見つけられました。

※写真撮ってなかったので後で載せたいですね。

 

ハーパーのゴールドメダルは確か6年以上の原酒をバッティングしているはずなので、

1966以前に蒸留した原酒を使用している計算です。

 

出会った方は、禁酒時代を懐かしんで飲んでみてください。