バランタイン 30年 1970年代前半流通 特級 従価 青赤旗 760ml 43% 明治屋扱い

 

 

こんばんは。今回はバランタイン 30年に関して備忘録的に書いていきます。

まずは、こちらの写真をどうぞ。

 

バランタイン30年70年代正面ラベル写真

まず確認していただきたいのが、ラベル正面の紋章です。

馬の持っている旗が、左側は青、右側が赤に塗り分けられていると思います。

これが確認出来たら、まずは1978年以前と考えて下さい。1978年頃に紋章の使用を禁止されたため、多くのウイスキーがラベル変更を余儀なくされました。

 

続いて、ネック近辺の写真をどうぞ。

バランタイン30年70年代ネック写真

 

ネックの左右にシールがはがれた跡が確認出来ます。

(写真では見えないかもしれないが。。。)

恐らくJAPANTAXシールが貼ってあった跡かと思われます。

 ものが貼ってあれば完璧ですが、オールドボトルには剥がれかかっていたり、ほんのり欠片だけ残っているボトルもちょこちょこ見かけます。

TAXシールが確認出来たら1974年以前だと判断出来ます。

 

そして、裏面。

f:id:amber_garden:20161005120418j:plain

 

 ひし形のラベルが有るボトルと無いボトルがありますが、特に相関関係は分かりません。(詳しい人教えてください)

感覚として、ひし形ラベルが有る方が、”より正規”というイメージです。

明治屋のラベルも確認出来ます。

 

特級・従価・760ml・明治屋。。。この言葉が大好きです。

 

たまに輸入業者の確認できないボトルがあるので、なんとかラベルから情報を得ましょう。実際には、このように、、、

f:id:amber_garden:20161005121316j:plain

f:id:amber_garden:20161005121344j:plain

 

 86proof と 4/5quart が確認できます。

スコッチの海外輸出向けはだいたいUSプルーフで表記なので、

86を2で割って、度数は43%だと分かります。

(UKプルーフの場合は1.75で割りましょう)

 

えーと、、4/5quartは、、、、1quartの4/5です!!!!!!!!!!!!

 

 

、、、、計算したらだいたい出るのですが、確か757mlくらいだったと思います。

ですので、約760ml入っているよ。ということなのです。

 

どうでしたか、バランタイン30年。

1970年代前半流通の30年物です。

1940年代前半蒸留ですって。。。すごいですよね。

第二次世界大戦くらいですか。

ちゃんと確認してないので分からないですが、私もまだ生まれてないと思います。

 

こういったボトルに巡り合った方は、是非タイムマシーンにでも出会ったと思って、1940年代のスコットランドを想って飲んでくださいませ。

 

ファイネスト、12年、17年の60年代~70年代流通の記事もあります。

 

amber-garden.hatenablog.com

 

amber-garden.hatenablog.com

 

amber-garden.hatenablog.com

 

amber-garden.hatenablog.com

 

色々あるもんですね。

バランタイン30年の現行品と飲み比べても面白いかもしれません。

現行だと21383円です。(2017/6/20時)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バランタイン 30年 木箱入 並行700ml
価格:21382円(税込、送料別) (2017/6/20時点)


 

 

 

 

 

 

 それじゃあ、失礼します。