VAT69 特級 従価 760ml 43% 協和発酵 1970年代

こんばんは。

今回はVAT69 特級 従価 70年代流通です。

まずは写真をどうぞ。

 

f:id:amber_garden:20161017123612j:plain

 

 

現行品とは違い、重厚さがありますね。

ネック下部に赤い蝋印があるとだいたい70年代流通と判断出来ると思います。

 

このブランドに関してだけではないのですが、流通年代が古くなればなるほど、

ボトルの形状がずんぐりむっくりしていきます。

これより古いボトルでは、よりダンピーになり、コルクキャップ仕様になります。

新しくなると、赤い蝋印がなくなります。ボトル形状は大体同じです。

もう少し新しくなると、形状がしゅっとします。

 

f:id:amber_garden:20161017124805j:plain

 

ウィリアムサンダーソンの傑作ですね。

なんでも69番目にヴァッティングしたブレンド比率が最高だったようで。

f:id:amber_garden:20161017124956j:plain

 

古めのVAT69は協和発酵さんが多いですね。

 

760ml、43%、特級、従価です。

もう、呪いのように毎日言い続けています。

ロッホナガーとグレネスク(グレンエスク・ヒルサイド)がメインのようで。

 

記事のボトルと同年代流通と思われるボトルです。


 

 液面は少し下がっていますが、安いですね!

 

 

出会ったら、どうぞお楽しみくださいませ。