読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1940年代~50年代流通と思われるオールドパーの調査経過報告①

こんばんは。

今回は、以前記事にしたオールドパーのコルク栓についての経過報告になります。

 

amber-garden.hatenablog.com

 

上記のオールドパーのボトリング時期をMHD(モエ・ヘネシーディアジオ)に問い合わせるぞ!という事で、実際にメールを送りました。

 

返答はというと、、、、

 製造元のディアジオ社によりますと、お問い合わせの商品は1950年代に製造されたと推測されます。
ひび割れ模様が施されたのも、ほぼ同時期と推測されるとのことです  」

(原文ママ)

 

との事でした。ざっくりとした回答ですね。

1950年代の同時期に変わっていったという部分ですが、

 

ティンキャップ&クラックルパターンを採用していったのが、1950年代。。。

それ以前はコルク&ツルツルだと製造元が言っているので。。。。

 

~1950年代   : コルク栓&ツルツル 

1950年代途中~ : ティンキャップ&クラックル

1970年代初期頃~: 徐々にスクリューキャップ&クラックル

 

といった風に考えられます。1960年代はずーーっとティンキャップなのでしょうか。。

 

たまぁに見かけるクリア瓶のティンキャップ・クラックルパターン有ボトルは

何年ころの流通なのか。。。。

 

謎は深まるばかりです。

 

正面ボトルのフォントや、

「real antique and rare old 」表記など色々変更されており、

判別が難しいのが実情です。

 

実際にコルク栓で確認できたのは、「spetially selected old 」表記です。

ちなみに海外の記事で、1935年に撮影されたと思われる写真では、

 

Ancient "Old Parr" Real Antique and Rare Old Scotch Whiskey | Library of Congress

 

oldparrの上にAncient表記があるようです。

 

まだまだ奥が深い、オールドパーのオールドボトル。

 

これからも調査を続けていきます。

 

それじゃぁ、失礼します。